銀行カードローンの審査甘い?おすすめ比較【銀行カードローンと消費者金融系のカードローンの違い】

銀行カードローンと消費者金融系のカードローンの違い

消費者金融系のカードローンは、運転免許証や住民票など身分証明証だけで審査に申し込む事が出来る上に、審査の難易度も低く短時間で結果が判明します。

お金が急に必要となった場合に非常に便利な内容という事から成人の10%に当たる1000万人以上の人が利用するようになっています。

消費者金融系のカードローンは、金利が高いという事と総量規制の対象となっている点がデメリットです。既に年収の3分の1以上の借り入れがある場合には、新規借り入れが認められる事はありません。

銀行カードローンは、消費者金融系カードローンよりも金利は低く設定されており、総量規制の対象外であり、年収の3分の1以上の融資を受ける事も期待する事が出来ます。

さらに消費者金融系のカードローンの魅力となっている部分も見劣りしない内容であり、身分証明書だけで審査に申し込む事が可能な商品もあり、当日でのカード発行も実施されています。

銀行カードローンは、消費者金融系のカードローンの魅力を生かした上で、短所を改善しています。その分審査の難易度は厳しめであるので、早い段階で申し込む必要があります。

銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、他の業者からの借り入れが多い場合には、利用出来る可能性は低くなってしまいます。