銀行カードローンの審査甘い?おすすめ比較【銀行カードローンの保証会社】

銀行カードローンの保証会社

個人向けのローン商品の一つであるカードローンは、申込先の金融業者が申込者個人の信用力の有無を慎重に審査した上で、利用を認めるかどうかを判断しています。

しかし、実際には消費者金融会社が提供しているカードローンについては審査を消費者金融会社自身で行っている一方で、銀行が提供しているカードローンでは銀行から業務委託をうけている保証会社が審査を行っているケースがほとんどです。

金融機関や消費者金融のローン商品には、連帯保証人や担保を事前に用意しておなければならない商品と、用意しなくても良い商品があります。

このうち、保証会社は連帯保証人や担保が不要のローン商品の提供時に関与し、申込者を審査して信用を保証します。

審査通過後、契約手続きを経て申込者が融資を受けることが可能になったら、保証会社は委託元の金融機関を通じて申込者から保証料を受け取ります。

保証料の支払い方法には、契約時に一定金額を一括払いする方法と、適用金利に保証料相当分を上乗せして毎回の返済時に元金や利息と一緒に分割払いする方法があり、ローン商品に応じて異なります。

保証料を受け取った後、保証会社は申込者の連帯保証人としての役目を担います。

もし、ローンの利用者が借入先から何度も催促を受けたのにも関わらず延滞を続けた場合、保証会社は連帯保証人として利用者の借入金を全額返済し、その後返済にかかったお金を一括で支払うようローンの利用者に求め、利用者が応じない場合には法的措置をとります。

上記のような仕組みで保証機関である法人が他者を連帯保証することは、一般的に「機関保証」と呼ばれています。

カードローンを提供している銀行が保証業務を委託している会社の多くは、同じ銀行グループに属している信販会社や消費者金融会社です。

例えば、三菱東京UFJ銀行はアコム、みずほ銀行はオリエントコーポレーション、オリックス銀行はオリックス・クレジット、新生銀行は新生フィナンシャルが委託先となっています。

保証業務を受託している企業は、自身も個人や法人に貸し付けやクレジットの業務を行いながら、これらの業務で得たノウハウを活かして他社の金融商品に申し込んできた者の連帯保証を行っています。

近年、社会において貸金業をとりまく状況が厳しくなり、本業の貸付業務による収益が思うように得られていない消費者金融会社にとっては、信用保証業務の中で得られる保証料や保証事務の取扱手数料が重要な収入源にもなっています。