銀行カードローンの審査甘い?おすすめ比較【在籍確認、本人確認、電話連絡なしのカードローンは?】

在籍確認、本人確認、電話連絡なしのカードローンは?

カードローンでは、審査の一環として在籍確認や本人確認などの電話連絡が必要となることが多いです。

在籍確認は、申込者の会社に電話連絡をして、本人が電話口に出られるようなら、簡単な質問をして本人確認を行います。

不在の場合は、電話口に出た同僚が、席を外しているというような内容の受け答えをすれば、確かに勤務先に在籍していることは判明するため、それで終了となります。

銀行は基本的に銀行名を名乗ってかけてきます。

支障があれば事前に打ち合わせをして、個人名でかけてもらうこともできる場合があります。

消費者金融の場合は、社名ではなく、個人名を名乗ってかけるのが基本となります。

貸金業法で契約者以外の人に借り入れの事実を知らせてはならない決まりがあるためです。

他の貸付とは違い、不動産などの担保や、保証人を付ける必要がないため、本人の信用だけで貸すことになります。

そのため、在籍確認だけでなく、審査を慎重に行う必要があるからです。

申込書に記載された住所や名前と身分証明書の照合が行われ、信用情報機関に記載されている情報を見て、借り入れの履歴やクレジットカードの利用歴、携帯電話や分割での契約で購入に利用したショッピングローンの履歴を見ます。

返済をするのに、返済遅れがあったり、踏み倒したりがないか厳しくチェックします。

カードローンでは、利用者が支払えなくなった時には、保証会社が代わりに弁済する必要があるため、厳しく審査をします。

しかし、勤務先によってはカードローンの在籍確認が難しい場合があります。

例えば、個人情報漏洩の観点から、私用での電話連絡が禁じられている場合や、勤務先の営業時間が、金融機関の営業時間外となることもありますし、本人が不在で同僚の受け答えも不明瞭ではっきりと確認できない場合もあるでしょう。

その場合には、在籍確認による本人確認の電話について考慮してもらえる場合があります。

直近の給与明細などの提出で、電話連絡の代替書類と認めてもらえることもあります。

信用情報機関の履歴が良好なものなら、在籍確認をなしにしてもらえる可能性が高くなります。