銀行カードローンの審査甘い?おすすめ比較【カードローンを利用すると住宅ローン審査に影響する?】

カードローンを利用すると住宅ローン審査に影響する?

カードローンを利用している人の中には、数年後に住宅ローンを利用しようと考えているという人もいると思います。

もしもカードローンを利用していることが住宅ローンの審査に影響して、希望の条件で借りられなくなってしまったら、非常にもったいないですね。

ここでは、将来住宅ローンを組もうと考えている人が安心できるように、カードローンの保有がどのように見られているかについて解説したいと思います。

住宅ローンの審査では、返済比率が重視されます。

返済比率とは、ローンの年間返済額を年収で割ったものであり、この分子にカードローンの年間返済額も含まれます。

さらに、実際に借入している金額だけでなく、実際に借入はしていないが枠だけを持っている場合でも影響がある場合があります。

例えば、限度額200万円のカードを持っていて、実際に借入しているのは20万円だとしても、200万円を満額まで借りていると仮定されて審査に影響することがあります。

これは、枠をもっているといつでもその枠の限度まで借りることができるからです。

このように、返済比率が審査で影響するので、なるべく限度額のついたカードは完済して解約しておくべきだと言われています。

クレジットカードのキャッシング枠についても同様です。

解約をしたくないようなカードの場合なら、カード会社に連絡をして枠を最小まで減らしてもらうのがよいでしょう。

昔は、消費者金融を利用している履歴があると、ローン審査で不利になると言われていました。

しかし、現在ではそのような考え方は古いものとなっており、ただ消費者金融を利用したことがあるだけではそれほど影響しないという考え方も増えてきています。

もちろん、実際に審査を行う銀行によって考え方はさまざまなので、絶対とは言えません。

しかし、最近ではどこの銀行でもカードローンのサービスを手がけており、昔に比べるとマイナスのイメージはなくなってきているといえるでしょう。

また、延滞をせずにきちんと返済をしている実績を積んでおけば、「この人はローンの利用経験があり、きちんと返済をできる人だ」というプラスの印象を持ってもらえることもあります。

過去のローンの利用履歴は、マイナスになるばかりではなく、プラスに受け取られることもあるということです。

延滞をせずにきちんと返済をした実績を積むことが重要ですが、住宅ローンの審査に備えて、銀行で良好な利用実績を積んでおくというのもよいでしょう。