銀行カードローンの審査甘い?おすすめ比較【カードローンの審査に落ちたらここをチェック】

カードローンの審査に落ちたらここをチェック

カードローンを利用する為には審査に合格することが必須です。

審査で蹴られてしまえば契約することが出来ない為、まずは「どうすれば審査に受かるのか」についてしっかりと把握することが大切です。

それらのヒントはインターネット上にある情報を参考にすることで知ることが出来ますし、すでに審査を受けた人の体験談などを参考にすることで「自分でも審査をクリアできる可能性があるのかどうか」を推測することが出来ます。

しっかりと準備をしたうえで審査に臨んだとしても必ずクリア出来るとは限りません。

もし、しっかりと準備をしたうえで審査で蹴られてしまったとしたら次の点を確認してみましょう。

審査でチェックされるポイントは様々です。

収入状況(年収)・勤務先・勤続年数・居住年数・連絡先の種類・債務状況・信用情報機関に登録されている情報などが主なポイントになる為、審査で落ちてしまった場合には一度これらの情報を調べてみると良いでしょう。

例えば、収入状況に関しては「総量規制」にも影響してきます。

今、総量規制対象のカードローンを利用する場合には「年収の1/3まで」という借り入れ制限があります。

年収が300万円であればおおむね100万円まで、年収が500万円あればおおむね160万円までと言った具合で上限が決められてしまいます。

ただし、この上限は「総額」である為、2社以上から借り入れをする場合には「借入れ総額(上限金額)が総量規制の範囲に収まっていること」がポイントになります。

1社目で100万円を借りていて、2社目から追加で100万円の借入れを希望する場合、総額で200万円の借入れとなるので年収は600万円以上必要になります。

もし、年収300万円の状況で2社目からの借入れを希望する場合には、すでに総量規制の上限ン位達している状態になるので審査で蹴られてしまう可能性が極めて高くなります。

勤続年数に関しては「長ければ長いほど良い」と考えていて問題ありません。

しかし、人によっては入社1か月でも高額融資の契約が出来る可能性もある為、必ずこれ以上の勤務実績が必要になると言った明確な基準はありません。

むしろ、「どの程度社会的信用がある会社に勤めているのか」と言ったことの方が重要です。

居住年数に関しても同様で、長いに越したことはありませんが「賃貸か持ち家か」と言う点の方が審査に影響を与えます。

細かな債務状況や信用情報に関しては、個人信用情報機関に情報照会をすることで確認できます。

思いもよらぬネガティブな情報が登録されている可能性もあるので、一度チェックしておくと良いでしょう。