銀行カードローンの審査甘い?おすすめ比較【カードローンの借入可能額はどうやって決まる?】

カードローンの借入可能額はどうやって決まる?

カードローンは、利用限度額があらかじめ設定され、その枠内で自由に借り入れをすることができるサービスです。

元本の返済をしなくても、利息だけ返していれば債務不履行にならない自由返済方式を用いているものなどは、余裕がある時に返済すればよいので、使い勝手が良いです。

また、限度額いっぱいに借りた後でも、返済をすれば枠が回復します。

したがって、会員で居続ける限り、何度でも借りたり返したりして利用することができるため、会員になっておくことで、急にお金が入用になった場合にも対処がしやすいというメリットがあります。

このカードローンですが、現在サービスを提供しているのが、消費者金融と銀行になります。

それぞれ、特徴が異なっているので、あらかじめ特徴を知っておくことは重要です。

まず消費者金融系ですが、こちらは貸金業規制法の影響を受けます。

いわゆる総量規制というものです。

この総量規制とは、年収の3分の1までしか融資を受けることができない仕組みです。

安易な貸し付けで、消費者の生活が乱れてしまうことを防ぐ目的で制定されています。

したがって、消費者金融系のカードローンの上限は、年収の3分の1までとなります。

一般的な消費者金融は、上限を300万円から500万円の範囲に設定していますが、この上限いっぱいの枠を設定してもらうことができるのは、それの3倍以上の収入がある人たちだけということになります。

一方、銀行は、この規制の対象外となっているため、その制限を受けません。

また、年利も消費者金融と比べて低く設定されています。

これは、利用限度額が多いため、そうなっています。

その代り、審査が厳しい傾向にあります。

以上が、法律上の限度額の話ですが、それ以内でどのくらいの枠を設定するかは、審査の結果によります。

各社とも、独自の基準を用いて、利用できる枠を設定しています。

内部事項であるため、具体的な考慮事項を知ることはできませんが、年収や勤続年数、他社借り入れ状況などを斟酌したうえで決定されます。

具体的にいくら借りられるかは、以上のように明らかではありませんので、申し込んでみなければいくらまで利用することができるのかはわかりません。

同じような条件の人であっても、その額はまちまちです。

ただし、低く設定されたからと言って、その後も低いままであるわけでもありません。

返済をきちんと続けているなど実績があれば、限度額を引き上げてもらえる場合もあります。